くま

法人向けサービス

外国語指導助手派遣業務に関して

これからの子供たちに必要となる事は、いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力であり、また、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性であると考えます。更に、たくましく生きるための健康や体力が不可欠であることは言うまでもなく、それらをバランスよく育み、調和を重視する「生きる力」が重要であると考えます。

このような「生きる力」は、家庭・学校・地域社会の連携とこれらにおける教育がバランスよく行われる中で豊かに育っていくものであると考えます。

そこで当社は、広い意味でのコミュニケーション能力を育成するために、英語教育を、学校での生活の一環として位置付け、言語は他者との対話の手段であると考えます。そして、グローバル化した現代社会においては、異文化と共生するための対話という視点を含めて考えることが重要であり、こうした大きな枠組みの中で、国語教育と英語教育とを積極的に結び付けて教育内容等を考える必要があることから、ALTの人間性、包容力が重要であると考えます。

刻々と変化する国際社会に於いて、当社が本業務を平成18年より開始し、山陰地区の教育委員会を訪問し、また、英語活動での拠点校の公開授業等に参加し、またあらゆる所から情報を得て、それらに答えるべく優秀なALTを雇用すること、さらに生徒児童、各学校、教育委員会、地域、本業務に関るすべての方々と良好で、スムーズに連絡に取り合うこと、またそれに伴う労務管理を心を込めて行う事等が、外国語指導助手業務において、とても大切な事であると考えます。

幼稚園外国活動

当社の幼稚園、保育園の外国語指導に関しては、基本を中心に指導を進めていきます。カリキュラムはそれぞれが連動し合い、発展させていく事ができるよう構成されています。具体的には言葉から歌、歌からゲーム、ゲームから会話へとそれぞれが意味を持つよう、関係付けられています。
英語をあらゆる方面から考え、「一時的に記憶した英語」に留まらず英語を通じて世界に通用するグローバルな子供達を育成したいと望んでいます。そして 子供達が英語に興味を持ち、持続性の高い英会話の基本部分を育成していけるよう考え、指導していきたいと望んでいます。
レッスンにおいては、指導者と園児の対話方式で展開し、長期的な視点での英語能力の育成を目指し、また子供達の年齢を踏まえた上で行う事が大切だと考えています。年少の園児に対しては質問を理解し答える、年中に対してはある程度文法を正しく使い理解して答えるよう、年長に対しては、英語で友達同士で質問し合えるよう、同じレッスン内容でも達成目標を少しずつ変化させています。

翻訳サービス

イングリッシュ・スクールは翻訳サービスも行っております。当社の翻訳サービスの大きな特徴は論文等に於いて直訳の範疇にとどまらず、ご依頼主の意向を十分にお聞きし作り上げていくことです。その結果、海外で高評価につながる論文になり、ご依頼主にご満足頂いております。

メディア

イングリッシュ・スクールは地元、海外の放送局のテレビ・ラジオ番組制作に関与しています。